神奈川の温泉

【口コミ現地レポ】横浜みなとみらい・万葉倶楽部|コスパは悪いが、眺めは良し!お湯に浸かりながら眺める風情ある夜の港町

(3)
横浜みなとみらい・万葉倶楽部|コスパわるいけど、ちょっと贅沢な温泉。

今回訪れたのは、横浜のみなとみらいにある万葉倶楽部。
ここは前々から高いと評判でしたが、実際行ってみて言えることは「コスパは悪いけど、眺めはいい」!

鶴見・RAKUSPA|やはりRAKUSPAはお湯より岩盤!(2回目)
【口コミ現地レポ】鶴見・RAKUSPA|やはりRAKUSPAの楽しみ方はお湯より岩盤!お風呂の種類が多く、施設も充実していて、従業員も感じがいい。また来てしまった二度目の鶴見RAKUSPA。初回はコスパがよすぎてひたすら感激していたので、今回はゆっくり冷静にお湯を楽しみたいと思う。...

駅からは遠く、アクセスはやや悪いですが、横浜駅と桜木町駅からそれぞれ無料シャトルバスが運行しています。
近くにはワールドポーターズやカップヌードルミュージアムにコスモワールド!まさに”横浜の休日”の〆にもってこい、といった感じです。

みなとみらい地区は、横浜都心部の一体化と強化をめざしたウォーターフロント都市再開発として建設されている街である。1965年に横浜市の六大事業の一つとして再開発構想が出て、実際再開発が始まったのは1980年代に入ってからのことになる。「みなとみらい21」という名前は「みなと横浜」をイメージしつつ、「未来への発展を目指す21世紀の横浜にふさわしい」名称として、1981年、一般公募された約2300点のなかから選出された。

参照:Wikipedia

さて、気になる中の様子についてご紹介していきましょう。

休日は入り口から大混雑!受付の手際が悪い

さっそく中に入ろうとして…がっくり。

休日の昼間は入る前からげんなりするような行列です。
一番混んでいる時間帯なのでしょうが…入るだけで20分程かかりました。

受付の対応もあまり印象の良いものではなく、そっけなくて雑な印象を受けました。
初めての利用でしたが、館内案内や利用方法の説明もなく…。
確かにこの混雑では無理もありませんけど…しかし、それでも入り口は店の顔。このあたりの教育は手抜かりなくしっかりと行っていただきたいものです。

そして、驚いたのが、下駄箱が無いこと。靴袋に入れてロッカーにまとめて入れるタイプの様ですね。管理する鍵が一つで済むのは良いのですが。

さて、中に入ってみると、入り口のあの行列から考えていたほどは混雑しておらず、比較的ゆとりがありました。
とにかく、入り口が飽和しているんでしょうね。宿泊の受付と日帰りの受付が一緒だからというのも理由の一つかもしれません。
平日であればもう少しゆったりと過ごせるのでしょう。

眺望良しの絶景露天風呂!

それでは、肝心のお湯はどうでしょうか。

お風呂の種類は多くもなく、少なくもなく、と言ったところでしょうか。
ひのき風呂、寝湯、石風呂、大浴場のほか、別料金ですが貸切の家族風呂があります。

さらに、女性限定でナノクラと呼ばれるミストの温泉があり、カプセルタイプのお風呂になっていて、これは珍しいですね。

ナノクラ(万葉倶楽部公式HPより)

ナノクラとは…

「ナノミスト&マイクロクラウド」の略称で、極最小のミストを発生させる装置です。名のレベルの温ミストが全身を温かく包み込み、深部体温を上げて発汗・血流を促進し、角質層などに浸潤して美肌効果をもたらすと言われています。

参考:万葉倶楽部公式HP

露天は二種類あり、普通の露天風呂と、展望足湯庭園とがあります。足湯の方は屋上にあります。
特筆すべきはこの眺望!
みなとみらいを一望する眺めは正に絶景です。
高い利用料はほとんどこの為にあるのではないかと思ってしまいます。

【口コミ現地レポ】鶴ヶ峰・竜泉寺の湯 横濱鶴ヶ峰店|へんぴな立地だが…安い価格で楽しめる♪大型スーパー銭湯。「竜泉寺の湯」といえば、全国にスーパー銭湯を広めた名古屋発の老舗中の老舗。茅ヶ崎店もなかなかのものでしたが、横浜鶴ヶ峰も、なかなかの前評...

特に夜景は綺麗ですね。目の前のコスモワールドの観覧車のネオンを眺めながらゆったりとお湯に浸かるのは乙なものです。
横浜港も綺麗でつい長湯してしまいます。何てことは無い、ただの港の風景なのですが、お湯に浸かりながら、というシチュエーションが素晴らしい。
この温泉の良さはまさに、ここ。

展望足湯庭園(万葉倶楽部公式HPより)

浴場内は比較的手入れがされている様子で清潔感がありました。狭さも特に感じることは無かったです。

そして、洗い場。ここは完全個別になっています。
ここまでの完全な個別になっている洗い場は初めてでした。

お風呂は朝5:00~深夜3:00までと夜遅くでも利用できるのも良いポイントです。

バリエーションのある岩盤浴

岩盤浴は別料金で、大人の一般は960円(税別)で入ることが出来ます。

種類は全部で七種類。

温度の高めな岩盤浴は色で分けられているようで、朱、玄、橙、碧、空とあるのですが、五つ目の空は万葉プレミア倶楽部会員のみ利用できるものです。

床数もそれぞれの部屋によって異なっており、効能も様々なので、岩盤浴に行かれる方はあらかじめHPを見ておくと迷わず入ることが出来るかと思います。

岩盤浴・橙(万葉倶楽部公式HPより)

また、温度の低めの岩盤浴には、ヒーリングスペースとクールダウン室 彩の二種類があり、こちらも併せて利用することが出来ます。

岩盤浴利用者はペットボトルの水が一本貰えるほか、ミネラルウォーターが四種類おいてあり、自由に飲むことが出来ます。

値段は高めのお食事処

さすが万葉倶楽部、と言うべきなのか、お食事処のお値段も高めの設定になっています。
その分味のクオリティも高いので値段相応と言ったところでしょうか。

普通の一品料理の他にバイキング形式で取る食事もあり、こちらはグラムでの会計になっていて、あれもこれもと手を伸ばすと気づかない内に凄い金額になっていたりします。

今回頼んだのはサラダとカツ丼。美味しくいただきました。

万葉倶楽部 お食事処サラダとカツ丼。美味しく頂きました。

ただ、この食事処が凄く大衆的でもったいない。
せめて椅子テーブルの、もう少し綺麗でおしゃれな感じがいいな、と思ったり。

お食事処とは少しずれますが、売店で売っていたこの飲み物たち…。
牛乳が180円で、伊右衛門の特茶が…240円!?

万葉倶楽部 お茶万葉価格のお茶…お高い。

いくら何でもこれは高すぎだと感じてしまうのは私だけでしょうか…。

サービスはかなり充実度高し

万葉倶楽部は無料で使えるリクライニングチェアタイプのお休み処があります。

今時珍しくもないですが、リクライニングチェアはひとつひとつにテレビが備え付けられていて、また、充電をすることも出来ます。
スペースも広くて、良い感じです。ブランケットも大量にあるのが気が利いています。
女子としては嬉しいポイント。

お休み処(万葉倶楽部公式HPより)

その他にも読書処があり、漫画の他に新聞なども取り揃えられていて、お風呂に入った後もゆっくりと時間を潰すことが出来るようになっています。

しかし、最上階のごちゃごちゃ感が非常に残念。ゲーセンまがいのものなんて、今時必要なのかしら、と思ってしまいます。

入館料が高いだけあって、アメニティは手ぶらで来れるくらい充実しています。
シャンプーリンス、ボディソープはもちろんメイク落としや化粧水、乳液、洗顔フォーム、ヘアキャップやヘアブラシまで用意されているのですから、まさに「至れり尽くせり」

しかも、タオルも山積みに置かれていてどうぞ使ってくださいというスタンス。こういうちょっとしたところが嬉しいですよね。

口コミ

他の利用者の方はどのような感想を抱かれているのか、調べてみました。

館内はとてもキレイだし施設も充実している
でもやっぱりちょっと高い……
もう少し安ければもっと気軽に通えるのに。
土日祝等は人でごった返して、やんなります^^;
行くなら平日がオススメ。
喫煙者としては、食事処にちゃんと
喫煙席があるのが最高です。
最近のスーパー銭湯はどこも喫煙スペースしかないので、、
席でタバコを吸えるのは嬉しいです(*´ー`*)
受付のはけが悪すぎる。高齢者の人も何十人も待っているのに、カウンターの説明が長過ぎて入るまでに時間がかかりすぎる。到着して20分くらい。やっと順番が来たかと思えば、初めての利用だと言ったのに、館内や利用方法の説明は一切なく、クーポンの説明を長々と…しまいにはこちらが携帯から提示した割引クーポンを発行し忘れ再度並ぶ羽目に…。並んでいるうちに会員登録の用紙を書かせておくなどもう少し効率よく対応出来る気がしてなりません。改善を希望します!

https://yumeguri.club/190626_spa-eas/ 

まとめ

とにかく最初に戻りますが、「コスパは悪いが、眺めは良い」。これに尽きます。

眺望だけは本当に最高で、特に夜景を眺めながらのお湯は贅沢な温泉という感じでたまのご褒美には良いのですが、他の面でその金額に見合ったクオリティになっているかと言われると首を捻ってしまいます。

デートなどの見栄を張るときにはお勧めですが、温泉通にはどうかな~、というところです。

湯めぐりリポーター・ライター募集中(報酬あり)温泉の楽しみをもっと共有したい。いろいろな温泉についてもっと語りたい。 そんな志をもって、温泉をリポートしてくれるライター様を募集して...

店舗情報

店舗名
横浜みなとみらい 万葉倶楽部
レビュー評価
(3)
アクセス
〒231-0001
神奈川県横浜市中区新港2-7-1
ホームページ
http://www.manyo.co.jp/mm21/
電話番号
0570-07-4126
営業時間
24時間営業
定休日
年中無休
平日大人料金
2,600円 館内着タオル
休日大人料金
館内着タオル
料金メモ
深夜割増あり(深夜3:00以降) +1800 ・マル得セット入館料は、午前10:00~翌朝9:00 ・深夜3:00以降は、別途深夜料金を追加 ・翌朝9:00以降は、1h/190(税別)で延長可
定休日
年中無休
【お店から】
横浜みなとみらいの景色と熱海・湯河原温泉の名湯を満喫。都会の温泉郷「万葉倶楽部」。 美しい夜景と温泉、おいしいお食事、癒されるウェルネスをご用意しております。
訪問履歴
横浜みなとみらい・万葉倶楽部|コスパわるいけど、ちょっと贅沢な温泉。
1回目 2017/06/18
【口コミ現地レポ】横浜みなとみらい・万葉倶楽部|コスパは悪いが、眺めは良し!お湯に浸かりながら眺める風情ある夜の港町


関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。