東京の温泉

【口コミ現地レポ】お台場・大江戸温泉|外国人は得たが情緒は失った都会の温泉。

(2)
大江戸温泉物語 外観仰々しい入口。アニメとのコラボをやっていた。

観光地を多く持つ東京において、もっとも観光地として開発された場所、お台場に位置する有名温泉施設「大江戸温泉物語」。

HPにて「日本一の元祖温泉テーマパーク」と自ら名乗るほどだし、温泉レポーターとしてこいつは一度は触れなくてはいけないでしょう!

はてさてそのポテンシャルはいかほどか…現地レポです…!

【口コミ現地レポ】浦安・大江戸温泉物語 万華郷|心安らぐ温泉か、一種の娯楽施設か。癒し以外は一通りあるレジャー施設。都内から車を飛ばし千葉県浦安市へ。大江戸温泉物語万華郷に行きました!電車で行く場合は新浦安駅と浦安駅から無料の送迎バスが出ているようです...

スタート前からインバウンドの香りが強い…

秋風に肌寒むさを感じるこの季節、いよいよ温泉が恋しくなってくるところ。
ここは近いようで、遠い、大江戸温泉へレッツゴー。

さすが大きい施設だけあって、近隣の様々な駅からシャトルバスが出ている。
電車でも、ゆりかもめテレコムセンター駅から徒歩2分ほど。
アクセスは抜群。

施設につくと、玄関横には、シャトルバスを待つ人の列。

ほぼ外国人観光客。

はぁ~、さすが。
やっぱり江戸とか温泉とかそういうワードは外人さんを引き寄せるのね…まあでもそれも当たり前か…
見た目もめちゃくちゃ好かれそうだもんね…

後で確認したらHPも外国人へのアピール強めな感じ。
英語サイトに切り替えた瞬間一気に和風推し。

ちなみに日本語サイトはイベント推しなサイト作り。
…なんか…日本人を感じるねえ…

 

閑話休題。

 

仰々しい、「THE 和風」みたいな入口を抜け、いざ入館。

たぶん平日で空いているのか、入口はガラーンとした雰囲気。
…いや広いな!広いからか!
広いからこそ人が少ないと他の温泉よりガラーンとした印象が強くなるような。

想像よりあまりに活気がないので、ちょっと戸惑う。

いや、だからとてここが埋まるほどになるとそれはそれでヤバい感じもするので…まあこれくらいがいいか…

 

下足箱のところからもう外国人向けのPOPやらなんやらはたくさん。
受付も外国人対応してる感じ。
やっぱり大きいメイン層がそこなんだろうな…

実際入ってから最初に聞いた言語は中国語だし。
(うーん…情緒…!)って感じだが…これも時代か…

最近国内の観光地行くと
(あれ?ここ日本だっけ?)
ってなること多くないですか?

自分だけ??

もはやテーマパークだな…

浴衣に着替え、まずは物見櫓の広場へ。

あ、浴衣は結構な種類から選べます。
ちょっと迷うくらい。
女性はうれしいと思うし、友達同士で来ても個性が出せるのは面白いね。

さてさて館内はというと…
なんというか…温泉が目的ではない感じ。

ひと回りしたが、やはり雑多な雰囲気にどうにも馴染めない。

縁日に、ゲームコーナーに食事処にその他いろいろ。
ぎゅっと詰め込んだ感じがすごくて目まぐるしい。

物見見物で来たものの、うーん。

江戸の街並み!って言われたら確かにそうなんだけど、あまりにも詰め込みすぎててちょっと疲れる。
食事処とか小さく何個もあるし。ぎゅっと密集。
あと急に現れるゲームコーナーもなんだかさあ…っていう。

まあ!外国人観光客向けの施設だしね!
…って思ったら結構納得できる感じと想像していただければ。

もう少し敷地面積あったら変わるのかな…いや今でもでかいが…

広い浴槽っていいよね!くらいの温泉

気を取り直し、浴場へ

広々しているが、もう年季を感じてしまうのは自分だけか。

やはり、温泉そのものにアピール度が低く、

物足りない。

ここは日本人として、譲れないところだと一人頷く。

でも、やはり平日のためか、どの浴槽も空いている。

唯一、それだけが救いだ。

食事は落ち着かないので、奥の席で。

2020年に向け、改善の余地あり!

最後に、館内の動線がスムーズではないのが気になった。

癒しを求めるのではなく、遊び気分で、若人が行くべきところ。

でも、コーヒー牛乳150円はどうぞそのままでお願いします!

消極的気分を追い払うため、ガッツリと!
腹ごなしの足湯は青いライトと、風になびく柳と提灯がお化け屋敷みたいで怖いし、ダサい。

店舗情報

店舗名
大江戸温泉物語
レビュー評価
(2)
アクセス
〒135-0064
東京都江東区青海2丁目6番3号
ホームページ
http://daiba.ooedoonsen.jp/
電話番号
03-5500-1126
営業時間
11:00~翌朝09:00
定休日
不定休
平日大人料金
2,380円 館内着歯ブラシタオル
休日大人料金
2,580円 館内着歯ブラシタオル
料金メモ
昼間料金特定日2,680円。ナイター料金平日1,880円、土日・祝日2,080円、特定日2,180円。深夜追加料金2,000円。朝風呂料金1,300円。岩盤浴1,200円。詳しくは公式サイトにて確認ください
定休日
不定休
【お店から】
お江戸の町は、毎日お祭り! 日本一の元祖温泉テーマパーク!
訪問履歴
1回目 2017/10/06
【口コミ現地レポ】お台場・大江戸温泉|外国人は得たが情緒は失った都会の温泉。


  にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
私がレポートしてます
yuna
yuna
東京のスーパー銭湯を中心に、湯めぐりしています。 お湯に身を委ねて、あがってコーヒー牛乳を飲むことに、毎日をかけてます。 稚拙なところもありますが、ズバッと、わかりやすいレビューを心がけています。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。