東京の温泉

【現地レポ】旗の台・新生湯|遊び心満点!二種類の浴室を楽しめる銭湯

(4)

HPでは「都会のオアシス」と銘打ってありましたが、この町は東京砂漠なんだろうかと、そんなことを漫然と考えながら向かいます。ここの湯はなかなかの前評判だったので期待も膨らみます。

店の前の風景。少し見つけにくい場所にあります。

奥まった場所にあるお風呂屋さん

しかし、とにかく見つけにくい。旗の台の商店街から脇に一本入った道の奥にようやくその姿を見つけました。ここもまたマンション形式になっていて、1Fがお風呂で上はマンションという造りになっています。

介護施設も運営されているようで、介護用の車両が無ければ停めていいです、という駐車場が2、3台分だけありました。

番台は無く、風呂券を購入して受付に出す仕組みが取られていました。

タオル等は入湯料金には含まれていませんが、100~200円ほどでシャンプー、リンス、ボディーソープとタオルがセットになった手ぶらセットを購入することが出来ます。

4人分くらいの待合スペースもあって気が利いています。冬の寒空の下、風呂屋の前で待ち合わせる、という神田川のような事はしなくて良いというわけですね。

【現地レポ】舞浜 スパ&ホテル ユーラシア |バブル時代を感じる造り。お風呂はイマイチだがサウナのクオリティ高し!サウナーにはおススメしたい施設舞浜にスパがあると聞いて足を運んでみました。 ホテルの中にあるお風呂なのですが、前評判も良く、都心からアクセスも良いため、期待が高まり...

二種類の浴室を楽しめる週替わり制のお風呂

中に入ると至って普通のシンプルな脱衣所が。今はすべてロッカーになっていて、鍵もあります。壁にはTVがあり、風呂から上がって見入っている客を横目に早く帰ればいいのに、と思いつつ。

男女の風呂は作りが全く異なっていて、週毎の入れ替わり制になっていて【動を楽しむ】というテーマの「太陽の湯」と【静を楽しむ】というテーマの「大地の湯」の二種類の浴室を楽しむことが出来るようになっています。

新生湯HPより

つまり、このお風呂のすべてを語るには都合二回以上は通わなくてはならないというわけです。今回は「太陽の湯」の方に入りました。

戸田・彩香の湯|星空の鉄釜で五右衛門気分
【現地レポ】戸田・彩香の湯(さいかのゆ)|星空の鉄釜で五右衛門気分(1人10分)。ほお張り氷サービス。炭酸泉強度は普通。値上げの1100円はちょっと高い。思わず整うサウナと薬湯がおすすめ。お食事全メニュー掲載中。コロナで世間は騒いでいるところで、お風呂は大丈夫なのかと噂は絶えません。 私も行くのを躊躇していたのですが、それでも温泉のない生活には...

遊び心いっぱい!他では見られない珍しい湯が盛りだくさん

介護施設も運営されているためなのか、「流水歩行風呂」というお風呂がありました。一周約10メートルほどではありますが水の中を歩くというのはなかなか運動になります。これは面白い。

新生湯HPより

銭湯の壁に描かれている富士山も良い雰囲気です。しかし、何といってもお目当ては洞窟湯。洞窟風呂の前庭のように佇む、石を積み上げた露天風呂です。

半身浴スペースと電気風呂スペースに分けられていて、月明かりが差し込むと実に風流です。紅葉もあるので色づくとさらに綺麗なのだろうなあと思いつつ電気風呂へ。まず、ここで痺れてみます。

強度は強くもなく弱くもなく、並みと言ったところですが、さらに洞窟風呂を奥へと進んでいく人たちを眺めながら痺れるのは、またこれも一興です。

奥まで進むと天井が開けて一応の露天風呂になっていました。全てが狭いというかコンパクトなのですが、遊び心に溢れていて非常に面白いです。

【現地レポ】船堀・まねきの湯|久々ワースト。残念。リニューアル希望。固定ファンがいるだけに(泣き。運営が変わり手が入ったらしいが完全に改悪。そもそも狙いが本当にわからない。もっと目的を持ったリニューアルを強く勧める。 その昔東京健康ランドだったところをカラオケまねきねこを運営するコシダカHDが買い取り、がっつり手が入った老舗スーパー銭湯。 ...

熱いのだけが難点?

さて、遊び終わって広間に戻ってくると、ここはここで銭湯とは思えないほどたくさんの種類の湯がありました。

炭酸風呂は常に常連さんでいっぱいで、入る余地が無いくらいです。女湯では更にぎゅうぎゅうだと聞きました。恐るべし、炭酸風呂人気。

新生湯HPより

例によってメインのお風呂は熱い!薄めたら怒られるんだろうな、と思いつつトライしましたが、やっぱり熱い…。

ジェットバスはかなり強力で良いのですが、ここも一つ難点が…そう、ここも熱い。せっかくのジェットバスですがコリをほぐすまで浸かっていられなかったです。

シャンプーとボディーソープはそれぞれ一つずつだけ浴場に置いてあって、全員で共用して使う形になっていました。みんなでコシュコシュと手に取って共用しているのは、それはそれで何とも言えず微笑ましかったです。

シャワーが時限式では無いのもポイントが高いですね。よくある時限式のすぐ止まってしまうシャワーは洗いづらくて仕方ありません。

なお、別料金ではありますがシャワーも完備されていました。岩塩とコンフォートの相乗効果で著しい発汗作用が見込めるようです。サウナ室内の温度は80度と少し高めです。

新生湯HPより

無料サービスも豊富で、ヘアドライヤーは男性側に二本、女性側に三本用意されています。冷却器は男女一台ずつ設置されており、ほかにも飴玉のサービス、足揉みマッサージ器などがありました。女性のみですがオリジナルの化粧水も備え付けられています。

極楽湯 稲毛 看板
【現地レポ】千葉 稲毛 極楽湯|脱衣所狭すぎ。お湯がアレ。ゆっくりしたい人には不向き。平760円休870円の安い料金相応のパフォーマンス。稲毛の温泉の1つ、あの極楽湯グループの千葉稲毛店。街道筋のパチンコ屋さんにかこまれて、いきなり和風な雰囲気をかもしています。平屋作りに期...

口コミ

他の方々もどのような感想を抱かれているか、調べてみました。

Google口コミ
Google口コミ
昔ながらの銭湯です。そんなに古臭い感じではなく、内装はきれいでした。自分は別料金を払ってサウナを利用しました。サウナ室は狭いですが、中温中湿で気持ちよく汗をかけます。水風呂も天然水で、そんなに冷たくはないけど心地よい。外気浴もできます。風呂の方は、歩行風呂、電気風呂など色々ありましたが、人工炭酸泉が大人気で入れませんでした。浴場は男女入れ替え制らしいので、もう一度訪問したいと思います。
Google口コミ
Google口コミ
電気風呂が他よりも強くて気持ちよかったです。炭酸泉は不感湯で体温程度のぬる湯ですが、珍しくて良いと思います。露天風呂も比較的広く、程よい温度で良いですね!銭湯の値段で色々なお風呂に入れる場所なので是非一度行ってみてください!
Google口コミ
Google口コミ
大地の湯と太陽の湯が毎週入れ替わり、どちらも楽しめます。とくに悪いところはないです。町の銭湯という感じです。炭酸泉が人気で、人が多いですが、まったりした気分になり、とてもいい気持ちでくつろげます。
湘南台 らく 入り口
【現地レポ】湘南台 らく|駅近!泊まれるベット付き銭湯。温泉は毎日湯河原から輸送。オシャレというよりシンプルなお風呂。それにしても入り口の提灯が雰囲気を。今回は少し足をのばして、湘南の内陸部、 藤沢市湘南台にある「湘南台 らく」に行ってみた! 街中にある温泉と聞いて、テルマー湯のような...

まとめ

前評判が良かったので期待して足を運んでみたのですが、その期待を裏切らないお風呂でした。

何より遊び心に溢れていて、ここにしかない珍しいお湯がたくさんあったり、種類も豊富なのが嬉しい、そんなお風呂です。

無料のサービスも充実していて、コストパフォーマンスも非常に良いお風呂だと言えるでしょう。銭湯としては初めてですが星4つをつけてみます。

【現地レポ】北品川・天神湯|くつろぎの時間へ誘う黒湯湧き出る銭湯。日帰り温泉ではなくて、今回は普通に銭湯に行きました。 場所は北品川。京急線、新馬場駅から徒歩3分でバスも出ています。車で来た人は連...
お風呂レポーター募集
温泉リポーター・ライター募集|温泉の楽しみをもっと共有したい。いろいろな温泉についてもっと語りたい。そんな志をもって温泉をレポートしてくれるライター様を募集しております。未経験歓迎。経験者優遇。 温泉の楽しみをもっと共有したい。いろいろな温泉についてもっと語りたい。そんな志をもって温泉をリポートしてくれるライター様を募集し...

店舗情報

店舗名
新生湯
レビュー評価
(4)
アクセス
〒142-0064
東京都品川区旗の台4-5-18


ホームページ
http://www.shinseiyu.jp/index.html
電話番号
03-3781-3476
営業時間
火~金→15:30~0:30 土→15:00~0:30 日→11:00~0:00
定休日
月(祝祭日は営業)
平日大人料金
460円
休日大人料金
460円
料金メモ
【お店から】
ようこそ 「都会のオアシス」新生湯へ
「湯酔郷」でありたい…。そんな想いを篭めました。アロマの香りでやさしくお迎えいたします。お立ち寄りください。
訪問履歴

1回目 2019/08/16
【現地レポ】旗の台・新生湯|遊び心満点!二種類の浴室を楽しめる銭湯

この記事がお気に召しましたら
いいね ! お願いします。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。