神奈川の温泉

【口コミ現地レポ】宮前平・湯けむりの庄(さと)|現時点で最高峰の1つ。お風呂よし。露天よし。行かれたし。

(5)
宮前平・湯けむりの庄(さと)|現時点で最高峰の1つ。行かれたし。

神奈川県川崎にある高級温浴施設湯けむりの庄川崎でも西側、東急田園都市線の宮前平駅より徒歩5分、渋谷からだと40分、東名高速道路川崎インターからも近い、駅からだと坂道になっており気持ち大変だが、意外と好立地な温浴施設。

大人気の温泉へ

価格設定はスーパー銭湯よりやや高い印象がありますが(土日祝料金が据え置きなら。。。泣)入口の門構え、庭園といい。高級旅館を思わせる作りが良い感じだ。源泉黒湯スタイルなのもあり、期待を寄せて暖簾をくぐる。

By 湯けむりの庄

 

エントランスも落ち着いたいい感じ。
高級ホテルのフロントの様相もよい。丁寧な説明も助かる。(温浴施設に導入されているIC型のリストバンドの説明はありがたい)館内着が渡される。*館内着込みの値段なのもありがたい。

フロアは今風のデザインだけれど、
木の風合いに落ち着き感、嫌じゃない高級感がある。フロントは1階、休憩スペースは地下にもある。余裕のある大人の温泉。

人気の秘密を探る。

宮前平の駅からは、東急沿線にありがちな、急で長い坂を上るというか登る。崖だろうといっても差し支えない急勾配。雪がふったら徒歩では、だれも上がれないくらいのものである。よみうりらんどの丘の湯ときのいろどりもそうだが、頂上にあるのが多い。必然的にそうなってしまうのか。
しかし、山の上とはいえ、住宅街の真ん中。当初は、地元の人達の憩いの場かと思ったが、温泉の駐車場には遠方からの車も多い。いわゆる人気の温泉だ、ざっとみ、かなり混んでいる。休日は大きな駐車場も埋まるくらいになるんだろう。。。 若い子もちらほら散見され、地元ではなく、けっこうな範囲の近郊のユーザーが多く来訪されていると伺える。

露天も結構ゆったりした造りで、しかも種類が豊富。泉質は都心や都内近郊に見られる、源泉黒湯スタイルでぬるっとしているが効能はとてもいい。そして、、、

一番人気の炭酸琥珀湯は、すでに一杯。。。
このお湯は、ここの天然温泉に炭酸ガスを溶かしこませている、
日本初のお湯らしい・・・じっくりそれを味わうことが出来ず残念。炭酸湯はぬるめの湯のためダベリ場になりやすいのよね。。。

なので、源泉でほっこり。
次回は、ナノクラの温ミストにも挑戦してみたい。

By 湯けむりの庄 ナノのレベルの温ミスト、浴びてみたい!

 

内湯もちゃんとしていて、女性には嬉しい塩サウナもあるし、ロウリュも導入されている。しかも、男性女性と毎日プログラムがあるのはサウナーにも嬉しい。お風呂とサウナは抜かりない。

着替え処も狭くなく、快適。
深夜割だと、タオル付きで980円。アメニティはごくごく普通。*化粧水などは無いので、ご注意を。
ちょっぴりお値段が高めなので、アメニティにもこだわりが欲しかったなぁ。

空間がいい。考えられているとはまさにこのことか。

岩盤浴などは違う階になっていて、これまたいい雰囲気。関東最大級の規模とのこと。

別料金にはなるが、、、
時間をかけて、ゆっくり癒されたい。岩盤浴も人気があるようで混んでいる。

お休み処もキレイで安心。
女子のコーナーは窓際にあり、眺めが良さげで◎

By 湯けむりの庄

 

と通り見渡したところで、お待ちかねの食事処に。
結構込んでいて、順番待ち。食事の口コミも上々のようで手作りの豆冨がよい。妙に力を入れてるのでここも混雑しています。が、この規模の温泉にしては、ちょっと手狭。トイレも少ない。

思うに、お湯よし、食事よしになると混雑する施設になるので、不幸なことに混雑が施設のイメージダウンになっている印象。感じからすると、
食事だけ!、ちょっとお茶して休憩したい!という方も、
ここを利用するはず。
なので、この感じを崩さず、もう少し広いと、
もっと素敵だろうなぁと残念に思う。

でも、この感じはかなり気に入った!
他のところも、見習ってほしい・・・。

とにかくお風呂がおすすめである。

脱衣所は比較的ゆったりしたつくりで、ロッカーも新しい。まったく好感がもてる。
お風呂は黒をベースにしたモダンなつくりだ。高級感がある。室内に浴槽はイベント湯にもつかわれる大風呂がある。季節折々のものが浮かんでいるときがある。
泉質はいわゆる真っ黒なやつだ。
中央には座湯がある。これがおもしろかった。だいたいスペースの埋め合わせで、こういうものを作られるが、ここは一番、見通しがいいところに設置してある。
露天は源泉と大風呂、寝湯とつぼ湯だ。露天大風呂はなかなか広くて、ゆったりできる。
多少混んでいても、肩をすぼめて入らなければならないということもなく、この広さは、ポイントが高い。
よく考えられているというのが、寝湯だ。よくありがちなのは、屋根がたかく、オープンで、冬がさむすぎる、というものがおおいが、ここは小屋形式になっており、また、あの全裸で寝ていると見栄え的な問題も解決している。
つぼ湯は紹介したいが、3つほどで、常時混んでいる。
最後にいわなければならないのは、空だ。
坂の上ということもあり、露天も壁も低いため空が広い。これは醍醐味だ。すばらしい。
満月のことの露天などは、ずいぶんなものだろうと想像してしまう。

まとめ

大人な温泉とは、スーパー銭湯でなくスーパー日帰り温泉!
都心近郊でここまでのクオリティーが来たか!という、
おしゃれな空間。温泉は、いまや大人気なのだなと、改めて感じた。

今回はお湯よりも、温泉の空間について、
お勉強させていただきました。

ゆけむりのさととにかく廊下を歩く。これがいい。階段移動では味わえない、世界観というか、この平面で移り変わっていくのが非日常的でよい。

 

 


店舗情報

店舗名
宮前平源泉 湯けむりの庄
レビュー評価
(5)
アクセス
〒216-0006
神奈川県川崎市宮前区宮前平2−13−3
ホームページ
http://yukemurinosato.com/miyamaedaira/
電話番号
044-860-2641
営業時間
10:00~24:00
定休日
年中無休
平日大人料金
1,240円 館内着タオル
休日大人料金
1,500円 館内着タオル
料金メモ
平日限定 深夜割引あり 21:30以降(大人のみ )980
定休日
年中無休
【お店から】
いで湯はもちろん天然温泉。
ゆっくり浸かるもよし、様々なお風呂を試すのもまた一興です。
広々としたスペースに6種類の岩盤浴。
関東最大級の岩盤浴施設です。
訪問履歴
宮前平・湯けむりの庄(さと)|現時点で最高峰の1つ。行かれたし。
1回目 2017/06/18
【口コミ現地レポ】宮前平・湯けむりの庄(さと)|現時点で最高峰の1つ。お風呂よし。露天よし。行かれたし。


  にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
私がレポートしてます
yuna
yuna
東京のスーパー銭湯を中心に、湯めぐりしています。 お湯に身を委ねて、あがってコーヒー牛乳を飲むことに、毎日をかけてます。 稚拙なところもありますが、ズバッと、わかりやすいレビューを心がけています。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。