お風呂

【現地レポ】宝町・中央区銭湯 銀座湯|大都会銀座のど真ん中の銭湯!首都高下で熱めの湯に浸かる。

(3)

1975年に現店舗がオープンし、2013年の改装を経て今に至る銀座湯。その名の通り東京の中心部銀座に店舗を構える都会の銭湯です。

銀座通りと昭和通りの中間、首都高速がすぐそばを高架で通っている裏道にひっそりと佇むビルにあり、「おっ!こんなところに銭湯が…」という立地。

最寄り駅は都営地下鉄浅草線「宝町」A4出口から徒歩2分、東京メトロ銀座線「京橋」1番出口から徒歩3分、東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」10番出口から徒歩4分と複数路線で5分以内と電車で行くには便利なところ。東京駅もちょっと歩くけど徒歩圏内。

もちろん専用の駐車場はなし。高速下に駐輪場があり1時間まで無料となっています。駐車場は近隣に多数あるパーキングを利用する感じです。

入り口がまるで公衆ト〇レ?

まるで公衆ト〇レかと思うような入り口。

 

入口がまるで「公衆ト〇レ?」といった趣のある、令和の時代に昭和レトロ感たっぷりな銭湯。銀座という立地だけあって、ビルの中にあり1階が女湯、2階が男湯となっています。

全体的にはコンパクトな作りではあるものの、浴場は狭さを感じさせず、広々としていて清潔です。2013年のリニューアルで下駄箱に大きなサイズの靴やブーツが入るようになったのは助かりますね。

普通の銭湯なので、スーパー銭湯のような休憩所などはありませんが、脱衣所の丸椅子で自販機の飲み物を飲むくらいの休憩は出来ます。

銭湯なので料金は大人(12才以上)460円。第2・第4金曜日のサービスデーは100円(中央区に在住・在勤の方)。フェイスタオルは1枚250円で販売しています。

1階女湯、2階男湯の超立体構造

入り口を入り、番台で料金を支払いロッカーのカギを貰います。なお、番台のおばちゃんは都会らしく無愛想。地価が高いせいなのか、1階が女湯で2階が男湯という立体構造になっています。

客層は仕事帰りのサラリーマンから常連のお年寄りまで様々。皇居やオフィスが近いので、ランナーズステーションとして利用している人もチラホラ。東京駅の夜行バスの乗車前に立ち寄ったであろう「キャスター付きの荷物」持参の人もいました。

経営ご家族の通用口が男湯の脱衣所を兼ねています。狭いながらも工夫をしながらスペースを確保している感じ。混雑してくると狭くて着替えるのが辛いです。

ロッカー(銀座湯HPより)

ロッカーが小さいので荷物は極力コンパクトにしたほうが良いでしょう。入りきらない荷物はロッカーの上に置いておくしかありません。近隣の人が風呂の準備だけで来るのが銭湯の本来の姿なのでしょう…。

脱衣所はもう少しこまめに掃除してほしいところ。ドライヤーはありますが有料で20円、小銭が必要です。

意外にも浴場はきれいで広い、が、銭湯のお湯はやはり熱い!

2013年にリニューアルしたので、浴場は外見に反して綺麗で広さもあります。白いタイルを基調とした昔ながらの浴場。湯船の壁面は男湯は銀座4丁目交差点夜景、女湯が隅田川の花火のタイル絵となっていて、銀座ならでは。

男湯(銀座湯HPより)

 

女湯(銀座湯HPより)

男湯の窓を開けると首都高の車が見えます。窓は開けないほうが良さそうですね。

洗い場には共用リンスインシャンプー、ボディソープが設置されていますが、入浴料が安くなるサービスデーには置いてない時もあるので注意が必要。ケロリンでおなじみの黄色い洗面器があり、こういったところもレトロ感を醸し出していますね。

お湯は江戸っ子ならではの熱さ。ゆっくり半身浴…なんて気分には絶対になりません。

まとめ

良くも悪くも普通の銭湯。高速道路と高層ビルに囲まれた数少ない知る人ぞ知る銀座の銭湯の一つと言ったところ。銭湯なので料金も手頃でアクセスも良いので昭和レトロな雰囲気を楽しみたい人にはお勧めの銭湯です。


店舗情報

店舗名
銀座湯(銭湯)
レビュー評価
(3)
アクセス
〒104-0061
東京都中央区銀座1-12-2
ホームページ
https://spa-tokyo.net/z-t-ginza/
電話番号
03-3561-2550
営業時間
15:00~23:00
定休日
基本日曜日・祭日(メンテナンスのため臨時定休する場合があります)
平日大人料金
460円
休日大人料金
460円
料金メモ
定休日
基本日曜日・祭日(メンテナンスのため臨時定休する場合があります)
【お店から】
東京都心銀座・宝町・京橋界隈にある 都会の銭湯です。大浴場壁面の銀座4丁目交差点夜景や隅田川花火のタイル絵が特徴です。東京都心部にある数少ない銭湯でサラリーマンを主に好評を頂いてます。
訪問履歴
1回目 2019/07/03
【現地レポ】宝町・中央区銭湯 銀座湯|大都会銀座のど真ん中の銭湯!首都高下で熱めの湯に浸かる。


  にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。