東京の温泉

【現地レポ】巣鴨・染井温泉SAKURA(サクラ)|せまい!お風呂が小さすぎ!立地はいいのに残念!

(3)
巣鴨・染井温泉SAKURA(サクラ)|せまい!お風呂が小さすぎ!立地はいいのに残念!

雰囲気、上々!まるで高級和風旅館のエントランス

巣鴨駅の裏の方に、スイミングスクールと一緒になった、
東京染井温泉「SAKURA」。

巣鴨の駅から10分~20分間隔で出ているシャトルバスに乗り込み
いざ、東京染井温泉「SAKURA」へ!

このシャトルバス「SAKURA(サクラ)」だけに桜色とおもいきや…
けっこう派手目なショッキングピンク。
東京スイミングセンターとの送迎も兼ねてるので
温泉の和モダンの雰囲気とはかけ離れたデザイン。

まあ、無料だし、乗っちゃえば見えないから良いんですけどね…
リニューアルする時はモダンなデザインにしたらと思う。

駅から約5分ほどで到着
「東京スイミングセンター」の前で降りて細長い路地を進むと、
雰囲気はがらりと変わり…

茶屋の縁台を思わせる赤い座面の長椅子と、
よく手入れされた庭木の緑のエントランスは雰囲気があって、
温泉に期待を膨らませつつ、かなりテンションが上がる造り。

玄関からピカピカに磨かれた木の床の廊下を進む。
受付の応対も快い。正直、えらい若い人ばかりが受付にいるが、びっくりするくらい丁寧だ。
さて、リストバンドを受け取って館内へ…
傘立て、靴箱のカギは受付で預からないので失くさないように注意!

コンパクトと言えば聞こえはいいけど、これ絶対狭いよね!?

全体的によい感じで、入湯!と思うんだけど、
ああ、せまい。

まず、ロッカーが小さい。使い方がちょっと難しい。
荷物が多いと冬場のコートは入らなそう。
大きな荷物は受付で預かってもらえるようだが、ちょっと面倒。

まぁ、仮にも山手線巣鴨の駅近の温泉だから、しゃーないか、ともいえるんだけど…

ていうか、脱衣ロッカーの鍵あかない。

なんでこんなときに、というくらいだが、受付でもらった電子鍵がロッカーの鍵になる方式を採用しているが、ぜんぜん、反応なし。ロッカー空きません。
(そもそも、この右ななめから、すべらせて解除させるて開けるっていう電子キー、使いづらくてありえない。)

係りの人、あきらかにバイトという人しかいなかったが、そういうことは経験したことないみたいで、あきらかに狼狽していたが、
受付で、前に利用したお客の退館を設定すればいいのでは、と進言したが、
いや、待たされた。

サクラさんへ。バイトでも社員でもいいが、例外対応をしっかりやっといてください。こういう非常時対応で差が出るもんです。

やれやれ。さて、浴室にいこう。

湯船が、小さい上、2~3人入ったら「いっぱい」じゃないかという位の狭さのところもある。
洗い場も小さくて、混んでるときは、エライことになってます。

シャワーで流すとき気を付けないと、背中合わせの向こう側のシャワーがかかるでしょこれ。
シャンプーの時に水がかかって泡が垂れてきて目が痛くなるやつだ…
マナーが悪い人に当たると残念な気持ちになりそう。

混んでるときは、残念ながら、受付で引き返した方がいいかもというくらい。
せっかく来たのに、と思うけど、せっかくだから嫌な思いはしたくない。
狭さに打ち勝て!

最近の流れなのか、湯船の種類をかせぐために、コンパクトに造りすぎて、ギューギューで、のびのび感がなくて、本当に残念。
余白感が大切なのになー、と。
この造りに、何ががいいたいんだろうと、クビをひねります。

狭いけど、お風呂の種類は多めで楽しめる。

狭い狭い連呼してるけどさ…
お風呂はいいんだよ、それなりに頑張ってる。

ぬる湯の檜の大浴場は木の香りとぬくもりでリラックスできるし癒される。
トロリとしたお湯はお肌をつるつるにしてくれる。
塩分が強めなので保温効果も期待できそう。
肌が弱い人とか日焼け後はヒリヒリして痛いかも…

ジェットバス、サウナもあって申し分なし。

露天は天然温泉の岩風呂、シルキーバス、有料の岩盤浴もある。
シルキーバスっていう白湯風呂は、実はここが初体験。
あの白さの秘密は超微細気泡らしい。
牛乳とか入浴剤で色をつけてるんじゃないのか…
この気泡が毛穴の中まで浸透して老廃物を取り除いてくれて、お肌がつるつるになって、
ミクロの泡から発する超音波で体を芯から温めてくれるんだとか。
お風呂にもテクノロジーだな、と感嘆した。あとでそんなに珍しくないものらしいとしったが、今でも、印象深い。

男湯と女湯の大きさが結構ちがうので、小さい側の男性は損だなー。と。

休憩所もやっぱり狭いよ。土日の混んでる時はカオス…

2階には「談話室」と「リラクゼーションルーム」がある。
談話室は畳に囲炉裏がところどころにあり、障子の窓、簾のロールカーテンで仕切りもできる「和の空間」になっている。

ちょっとした軽食やドリンクもとれるので便利。
平日の空いている時間はいいけど、混んできたらこれまたカオス。

リラクゼーションルームはTVつきの椅子があり、軽食や足つぼマッサージを頼める。
リラクゼーションルームで食事ってどうなの?食べてる音とか匂い気にならない?
ここは大人専用で18歳以上じゃないと使えない。
「子連れの方は談話室へ」となっているので、
子供の声が苦手な方や静かに過ごしたい方はこちらをオススメする。

オリジナルアイスというものをたべてみた。 あんまりおいしくない・・・・

レストラン・お食事処は三つ指ついておもてなし

食事処は広めで、掘りごたつとテーブルが選べる。
肝心のお風呂がせまいのは、ここのせいかと、思えるくらい。まぁ、広くつくってある。
接客の対応は元気と丁寧があってよかった。
子供が騒いでいなければ、他ではなかなか味わえないリッチな気分が味わえます。

まとめ

結論、通俗的に、「HPの写真の3割減が現物です、」とはよくいった好例になってしまっています。いろんなメディアに取材させて提灯記事を書いてもらうという広報しているみたいで、WEBにもきれいな写真がころがってるが、現物はそこまででもない。

それにして、都内の温泉・露天ってこんな感じか、ちょいと残念と思えるレイアウト。
もうちょっと工夫があってもいいのにな。
洗い場は、洗えればいいでしょ、という感じで、脱衣所も脱げればいいでしょ的。
「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ」とはよくいったもので
(よくいわない?(^^ゞ)
もう少し工夫があってもいいと思う。
立地の良さで客が入るから、これでいいのかなー。
通算3~4回ほどいったけど、もういいかなと。
★もうすこし詳細にレポートしているこちらも、よろければ。
【現地レポ】東京染井温泉 Sakura|コンパクトでモダンな和風温泉

ただ、さすがに巣鴨。楽しめるところも多い。
こちらは、ぜひ、よってください。おすすめです。

巣鴨・喫茶伯爵、ラーメン「蔦」|アイスコーヒーはジョッキで飲むべし。

御神輿がでてました。人は多いですね。この町。

 


店舗情報

店舗名
東京染井温泉SAKURA
レビュー評価
(3)
アクセス
〒170-0003
東京都豊島区駒込5-4-24
ホームページ
http://www.sakura-2005.com/
電話番号
03-5907-5566
営業時間
10:00~23:00
定休日
年中無休
平日大人料金
1,296円
休日大人料金
料金メモ
深夜料金なし
定休日
年中無休
【お店から】
ソメイヨシノの発祥の地に湧出した琥珀色に輝く天然温泉
地下1800mから湧出した温泉は、東京ではめずらしく無色透明。
約1000万年前の地層から、天然のミネラルをたっぷり含んで浴槽に注がれると琥珀色に輝きます。
保温効果・保湿効果に優れ、お肌がつるつる・すべすべになると評判です。
訪問履歴
巣鴨・染井温泉SAKURA(サクラ)|せまい!お風呂が小さすぎ!立地はいいのに残念!
1回目 2015/05/17
【現地レポ】巣鴨・染井温泉SAKURA(サクラ)|せまい!お風呂が小さすぎ!立地はいいのに残念!

2回目 2018/07/24
【現地レポ】東京染井温泉 Sakura(サクラ)|コンパクトでモダンな和風温泉

  にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
ABOUT ME
tktt
tktt
炭酸泉と電気風呂にすべてをかけています。 座右の銘は「いやなことはお湯に流して。」
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。