東京の温泉

【口コミ現地レポ】南青山 清水湯|表参道ど真ん中。銭湯と思えぬこだわりの設備。週末のお散歩コースにもおすすめ!

(3)

銭湯とは思えない数々のお風呂と休憩所などなど、その立地と相まって、都内でも評判の銭湯。以前より気にかかっていたが、あまりに都心の故、逆に行くチャンスが滅多に無いが今宵は、じっくりと!さぁ、入湯。

表参道駅から歩いて徒歩1分か?この立地はすごい。By 清水湯 表参道駅から歩いて徒歩1分か?この立地はすごい。

 

表参道駅のすぐ近くであるこの立地。 4-5台だが、この場所で、駐車場もあるところもすごい。4-5台だが、この場所で、駐車場もあるところもすごい。1Fはランドリーだ。

 

湯における美容と健康、内装やインテリア、販売品にもこだわり

オーナーにはこだわりがあるようで、南青山という立地、その利用者のニーズに応えた銭湯を作り出している。湯における美容と健康、内装やインテリア、販売品にもこだわった都心ならではの銭湯である。バリアフリーもこころがけ、南青山という場所から銭湯をなくしたくないという思いから、お客様に気持ちよかったと思ってもらえるような銭湯を築き上げたそうだ。

マンションの1Fに銭湯が位置し、地下はランドリーになっている。ランドリーはもちろん有料だが地域のニーズに応え、大容量の洗濯も可能。

 

入口を入るとある靴箱。結構数がある。入口を入るとある靴箱。銭湯にしては結構数がある。

 

販売コーナー横にある券売機で、風呂券を購入。タオルとか、シャンプーとか、いろいろセットがある。利用の仕方によって料金が変わる。風呂のみなら大人460円、タオル付760円、サウナ付1000円、サウナのみなどから選ぶ形になっている。港区高齢者無料パス券対応あり。

 

おみやげ物コーナーおみやげ物コーナー

 

番台の横には、おみやげ物みたいなコーナーもある。雑多な感じはあるが、ここの銭湯は洒落ていてハートランドやスミノフ、シードルなどと風呂上がりに飲める酒類も豊富だ。もちろんつまみやアイスなども販売している。タオルや美容液なども売っている。さすが南青山。そこらの銭湯とはわけが違う。

銭湯ではここまでスペースのある休憩コーナーはめったにない

休憩コーナーがなかなか広い。ここまでスペースのある銭湯はめったにない。別に休憩するわけではないが、待ち合わせをする際には非常に助かる。

また、雨の日に行くとアメがもらえた。こういう洒落の効いたポップなところがま面白い。

ロッカーの鍵は受付でもらう仕組み。最近はこの方式が流行りなのか。しかし、満員になったらどうするのだろう。それこそ待合で待つのだろうか、などと考えながらいざお風呂へ。

お風呂はコンパクトではあるが、銭湯かと思うほど充実

いろいろな種類のお風呂、シャワーがある。中でも強めのジェットバスは、大人気だ。なかなか空かない。

BY 清水湯 こじんまりだが、充実している綺麗なつくり

高濃度炭酸泉や、シルキーバスもあるが、難点もある。

シルキーバス(白濁バス)が循環していなくて、浮遊物があって、ちょっと汚い。
潔癖症なら近寄らないよう方がいいだろう。

男湯は、青山学院大学が近いせいか、体育会系の人が多くて、圧迫感がすごかった。また場所柄か、若人たちがしゃべりながら、高濃度炭酸泉に長湯するのは、どうにもなじめない。少し遅い時間にいくのがおすすめと考える。

また、「月替わり日本の名湯」たるイベントを行っているらしく、7月は「湯楽・岩手松川源」だそう。ちなみに8月は「楽湯・新潟月岡源」。

7月のお湯、「湯楽・岩手松川源」

まとめ

さすが南青山・表参道、とでも言うべきか、取り揃える品の一つ一つすら洒落ていたのには驚いた。いろいろな種類のお湯を楽しめたのもかなりポイント高め。

ただ、逆に土地柄なのか、若い人が多くて少し混んでいてゆっくり癒されるという話になると少し違うかも。

少し遅めの時間帯に訪れるのであればアリだと思う。知った仲間なら週末の会合やぶらり遊びがてらの散歩コースにもおすすめの場所だ。

「ゆ」の文字もどことなく小洒落てる。

店舗情報

店舗名
南青山 清水湯
レビュー評価
(3)
アクセス
〒107-0062
東京都港区南青山3-12-3
ホームページ
http://shimizuyu.jp/category/blog
電話番号
03-3401-4404
営業時間
平日→12:00~24:00 土日祝→12:00~23:00
定休日
平日大人料金
460円
休日大人料金
460円
料金メモ
定休日
【お店から】
充実のリラックスをご提供する、南青山 清水湯は、都市ならではの銭湯です。
訪問履歴
1回目 2019/08/14
【口コミ現地レポ】南青山 清水湯|表参道ど真ん中。銭湯と思えぬこだわりの設備。週末のお散歩コースにもおすすめ!


私がレポートしてます
tktt
tktt
炭酸泉と電気風呂にすべてをかけています。 座右の銘は「いやなことはお湯に流して。」 最近ようやく水風呂に入れるようになって温冷温ができるようになりました。 さらに入浴できるなって楽しみ方がまた一つ増えたと喜んでおります。
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。