コラム 【湯めぐり新施設News】グラ...

【湯めぐり新施設News】グランピングの定義も調査!屋外型ホテルじゃないのか。地獄蒸しはサウナじゃないそ!全棟天然温泉付きグランピング施設「グランシア別府鉄輪」4月27日開業。

【湯めぐり新施設News】グランピングの定義も調査!屋外型ホテルじゃないのか。地獄蒸しはサウナじゃないそ!全棟天然温泉付きグランピング施設「グランシア別府鉄輪」4月27日開業。

グランシア別府鉄輪開業!天然温泉付きのグランピング施設!
もはや…キャンプ要素はなし!屋外型ホテルのグランピングじゃないのか。

古い表現でいうと…コテージ宿泊。グランピングの要件も調査!!

キャンプは…自分で揃える醍醐味。
テントや寝袋、食材など必要な物を持参して、テントの設営や食事の用意は自分で行うのが一般的。
キャンプ場を利用する場合は宿泊人数で料金を割るので安く済む。

グランピングは…なんでも揃っている。
キャンプ用品や食材・食事などがあらかじめ用意。お風呂やシャワーも完備されている。
グランピングはホテルと同じような料金体系。一人あたりの支払い。

グランピング=魅力的なキャンプ
「Glamorous(グラマラス)」と「Camping(キャンピング)
起源はモンゴルの遊牧民の移動式住居のパオ。(諸説あり)
1900年代に欧米人のアフリカへの金持ち旅行方式から火がついたとされている。

グランシア別府鉄輪

別府温泉地獄めぐりエリアから山間側の鉄輪地帯。

施設概要:グランシア別府鉄輪HPより施設概要:グランシア別府鉄輪HPより

地獄窯での地獄蒸しはサウナじゃないぞ!!
95℃の蒸気を噴気して野菜や蒸しパンを作ることができる。
料金は…
・夕朝食付きプランは25000円(1人)から
・素泊まりプランは15000円(1人)から
特徴は…
・BBQガスグリル(レンタル品:3,500円/税別)食器、調理器具はあり。
・全14棟の6タイプの部屋(棟ごとに貸切)
・全棟温泉付き。個別のトイレと食事スペース。
・ドームテントとお風呂と食事スペースの規模感
・4名~10名までの客室
・施設中央にたき火テラス

全棟天然温泉付きグランピング施設「グランシア別府鉄輪」4月27日開業。地獄蒸し体験も楽しめる

全棟天然温泉付きグランピング施設「グランシア別府鉄輪」4月27日開業。地獄蒸し体験も楽しめるhttps://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1306/394/index.html(トラベルWatch)

ブッキングリゾートが運営するリゾートグランピングドットコムは、全棟天然温泉付きのグランピング施設「グランシア別府鉄輪」を、鉄輪地獄地帯公園(大分県別府市鶴見照湯1409-1)で4月27日に開業する。2月15日から予約を受け付けている。

全14棟のテントは、定員4~8名の4タイプを展開。タオルセットやシャンプーなどホテルクオリティのアメニティを提供する。料金は、定員4名(最大6名)タイプで1人1万2800円~。愛犬と宿泊可能な棟も用意し、100m2 を超える芝生のプライベートドッグランが利用できる。

各棟個別のトイレ・温泉・食事スペースは、屋外に出ることなくアクセス可能。雨の日でも快適なBBQでは、大分県産和牛や新鮮な魚介類などを提供する(食材持込の「素泊りプラン」も利用可能)。真冬でも寒さをしのげる建屋構造で、薪ストーブで暖をとりながらグランピングが楽しめる。

敷地内からは、由布岳や鶴見岳などの自然あふれる景色が楽しめるほか、目の前の扇山では年に一度、日本最大級の炎の祭典「扇山火まつり」が開催される。

また、センターハウス共有スペースでは地獄窯/地獄蒸し体験を無料で実施。約95℃の蒸気を噴気する自家源泉で、「地獄グランシアプリン」や「新鮮野菜の地獄蒸し」などが味わえる。

さらに、フロント/センターハウスでは、BBQなどに宿泊者が無料で利用できる「お野菜マルシェ」を提供。加えて、別府市の酒屋「丸田酒舗」プロデュースの「cafe&bar FIKA(フィーカ)」などさまざまなアクティビティを用意している。

なお、最大40名収容可能な日帰りBBQスペースも完備。九州大分を満喫できるメニューや地獄蒸し体験を提供する。(引用)

屋外型ホテルとは言わせない!!グランピングの要件って?
キャンプの醍醐味を楽しめること!
・都心でグランピング体験はご法度:Direct access to the great outdoors
・キャンプファイヤーがないグランピングはグランピングではない:Smores and stories around the campfire
・雨音を感じられないテントがマスト!:The sound of rain on your tent
・自然の音が感じること:Nature’s peaceful soundtrack
・家族や友人と過ごすこと:Time with family and friends
・新鮮で美味しい空気を味わえること:Fresh air

日本は流行り先行…本来の楽しみ方は。
オートキャンプが不便・グランピングは便利で括ってはいけない。
快適に過ごすにはテントではなく、ロッジなど建物が適している。
しかし、建物に泊まるとアウトドア本来の楽しみが薄れるのは本懐ではない。

グランピングと名乗ってはいないものの、昔から日本にもグランピングと同様のリゾートを運営している企業はある。

急速に流行り出したグランピング。

本来の楽しみ方は疎かにされているところがある。
テント泊から鉄筋コンクリートの建物…。
そんな宿泊までがグランピングと呼ばれているのが実情だ。

海外におけるグランピングの要件に沿ってみて、自然を感じられる本来のグランピングの姿を追求し、流行りから本物へ日本式に昇華するのが課題になる。

お風呂レポーター募集
温泉リポーター・ライター募集|温泉の楽しみをもっと共有したい。いろいろな温泉についてもっと語りたい。そんな志をもって温泉をレポートしてくれるライター様を募集しております。未経験歓迎。経験者優遇。 温泉の楽しみをもっと共有したい。いろいろな温泉についてもっと語りたい。そんな志をもって温泉をリポートしてくれるライター様を募集し...

 

この記事がお気に召しましたら
いいね ! お願いします。

私がレポートしてます
TA2
TA2
たつです。 オタク活動とランニングとサウナ好き。サウナスパ健康アドバイザー資格取得。年2回のコミケ参戦とお風呂が生きがいのフィンランドに住みたいオタク独身アラフォー。週3のサウナとビールを飲めばなんでも治るをモットーに、サウナを交えたお風呂での整い方程式を提案。温浴施設の良し悪しを縦横斜め細やかにレポします。

TA2の記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

近隣
店舗
店舗
情報
クーポンラン
キング
湯めぐり
マップ
新着
情報