コラム 【地方温泉NEWS:雪灯路って...

【地方温泉NEWS:雪灯路って知ってる?】冬だから行きたい北海道!中止せず継続へ!温泉街でのイベント。

アイキャッチ東京湯めぐり倶楽部

定山渓温泉街に湧き出ている温泉は、無色透明でまろやかな塩辛さが特徴のナトリウム塩化物泉(中性低張性高温泉)。
国内では最もポピュラーな泉質のひとつだ。
入浴すると肌にこの塩分が付着し、汗の蒸発を防ぎ体の芯からポカポカ温まる。

札幌・定山渓温泉で「雪灯路」 冬の温泉街をスノーキャンドルで演出

雪灯路(ゆきとうろ)は定山渓神社を会場に開催されるスノーキャンドルイベント。
各ホテルや旅館がおもてなしの心で飾っていたスノーキャンドルを「一堂に集めて楽しんでもらおう」と、2011年にスタート。
2020年の開催で10周年を迎える。
温泉街の人たちが手作りした2000個のスノーキャンドルが境内を飾る光景は幻想的で、リピーターも多い冬の風物詩。

札幌・定山渓温泉で「雪灯路」 冬の温泉街をスノーキャンドルで演出(札幌経済新聞)
https://sapporo.keizai.biz/headline/3437/

冬を彩る幻想的な光のイベント「雪灯路(ゆきとうろ)」が2月5日から、定山渓神社(札幌市南区定山渓温泉東3)で開催される。

同イベントは冬の温泉街を幻想的に彩るインスタレーションイベント。雪深い渓谷、定山渓神社を舞台に、ホテル従業員や地域住民が雪で手作りした、無数のスノーキャンドルの温かな明かりで幻想的な空間を演出する。

11年目の今年は、これまでのスノーキャンドルによる明かりに加え、新エリア「祈りの森」が登場。幻想的なキャンドルエリアを抜けると、光と映像が自然と融合する神秘的な森が現れる。自然と共創するイルミネーションをテーマにした「JOZANKEI NATURE LUMINARIE」の世界観を冬も体験できる。

定山渓観光協会の橘真哉さんは「温泉と食事と、そしてちょっとした思い出づくりの場を、私達も毎年楽しんで準備している。雪国に住んでいる方にこそ観て楽しんでもらえればうれしい。すぐそこにある定山渓温泉を訪れてほしい」と呼び掛ける。(引用ここまで)

新型コロナウイルス感染症対策により、今年は飲食店や共有備品を伴う催しは中止。会場内はマスク・手袋着用を義務とし、会場入り口で検温を実施する。スタッフ関係者も同様に対策を徹底するという。

開催時間は18時~21時。2月11日まで。入場無料。新型コロナウイルス情勢や天候により中止・時間短縮の可能性あり。

この記事がお気に召しましたら
いいね ! お願いします。

私がレポートしてます
TA2
TA2
たつです。 オタク活動とランニングとサウナ好き。サウナスパ健康アドバイザー資格取得。年2回のコミケ参戦とお風呂が生きがいのフィンランドに住みたいオタク独身アラフォー。週3のサウナとビールを飲めばなんでも治るをモットーに、サウナを交えたお風呂での整い方程式を提案。温浴施設の良し悪しを縦横斜め細やかにレポします。https://twitter.com/LoylyRitualTA2

TA2の記事一覧
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

近隣
店舗
店舗
情報
クーポン