コラム 【銭湯NEWS】銭湯は裸の社交...

【銭湯NEWS】銭湯は裸の社交場と娯楽だ。世田谷区に続く愛され銭湯は…贅沢な天然温泉。

アイキャッチ東京湯めぐり倶楽部

昔から銭湯は“社交場”として近隣との接点を持つ場所。
銭湯に利用者は年々減っており廃業が後を絶たない。
世田谷の月見湯温泉は堅調だ!

銭湯は生活必需品だった。
いまではどこの家にもお風呂がある、リラクゼーション目的で来る娯楽的や贅沢な場所でもある。
地域密着とイノベーションは銭湯生き残りに必須だ。

【銭湯 湯悠散歩】世田谷に天然温泉あり! 東京・世田谷「月見湯温泉」

京王線・東急世田谷線「下高井戸」駅から徒歩6分。
千鳥破風の宮造りの屋根が昔ながらの面影を残す銭湯。
創業は60年ほど前。1998(平成10)年に大々的に浴槽を改装し、このとき屋号も「月見湯温泉」に変えた。

古き良き時代から変わりつつある銭湯。
長く続けて行くためには仕方ない。
銭湯は東京や大阪など都市部に数多く存在し、地方では数そのものが少ない、まさに“昭和の遺産”。月見湯温泉でも、いまから30年以上前に、番台をやめてフロント方式に変えた。

【銭湯 湯悠散歩】世田谷に天然温泉あり! 東京・世田谷「月見湯温泉」
https://www.zakzak.co.jp/lif/amp/210109/lin2101090002-a.html(zakzak)

 メタケイ酸・フェロ・フェリイオンの天然温泉は、からだが温まり肌もツルツルになると大好評。また、同湯は驚くほど浴槽が広く、備長炭を入れて湯をやわらかくしている。大きな浴槽は、立湯と座湯のハイパワージェット、ポイントマッサージャー、電気風呂に分かれている。さらに、約40℃の天然温泉に水風呂・サウナが別にあり、男湯には45.7℃のあつ湯も。ぜい沢にも水風呂はかけ流しの天然冷泉。冷と温2種類の温泉まで楽しめる充実ぶり。女湯のサウナは月ごとにハーブの香りが替わる。「壁のモザイクタイル画は40年前に父が、歌川広重の東海道五十三次の版画をもとに、有田焼の窯元に依頼したものです。男湯が興津宿、女湯が平塚 縄手道で中央に富士山を描いています」と、2代目の近藤芳之さん。(引用)

脱衣場へ入ると広々とした空間。
浴場は天井が高く、開放感がある。
モザイクタイルの富士山が存在感を放つ。
天然温泉のほか、電気風呂やジェット風呂もある。サウナもあり、水風呂は天然温泉掛け流しだ!!

携帯やSNSの進化で生身の交流はしていますか?
いろいろな年代の人がいて、そこで親しくなる。そんな社交場をもっていますか?

この記事がお気に召しましたら
いいね ! お願いします。

私がレポートしてます
TA2
TA2
たつです。 オタク活動とランニングとサウナ好き。サウナスパ健康アドバイザー資格取得。年2回のコミケ参戦とお風呂が生きがいのフィンランドに住みたいオタク独身アラフォー。週3のサウナとビールを飲めばなんでも治るをモットーに、サウナを交えたお風呂での整い方程式を提案。温浴施設の良し悪しを縦横斜め細やかにレポします。https://twitter.com/LoylyRitualTA2

TA2の記事一覧
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

近隣
店舗
店舗
情報
クーポン