新店情報 町田市健康増進温浴施設(仮称)

【現地下見速報】町田市に2022年4月温浴施設オープン!その他公衆浴場で700円で調整中!ゴミ焼却場の熱利用の沸かし湯!健康増進温浴施設で天然温泉と露天風呂は無し!サウナ・水風呂・ジェットバス・炭酸泉利用可!

町田_温浴施設建設中外観

町田市内に2022年4月、新設するゴミ焼却場の熱を利用した温浴施設が誕生する。
公営とはいえ、サウナ、炭酸泉、寝湯など設備はスパ銭並み!
6月の町田市議会に議案が提出され、利用料金の原案が判明しました。

公衆浴場法上の施設の位置づけは、地域住民が日常生活で利用する「一般公衆浴場(いわゆる銭湯)」とは異なる、「その他の公衆浴場」に該当し700円で調整中となるようです。

天然温泉でもなく、露天風呂もないのに700円は妥当なのか?
貧乏ライターくろたま、さっそく現地を訪問してきました。

アクアイグニス吉川美南:アクアイグニス武蔵野温泉はタオル別の650円で安いが。サウナ無しで近隣施設と戦えるのか。ショッピングセンターに温浴施設は有り。サウナの変わりはルフロ4,000円は攻めすぎでは。施設の構成がいいだけにサウナ無いのが悔やまれる。
【オープン】イオンタウン吉川美南アクアイグニスレポート:武蔵野温泉は650円(サウナ無しタオル別)ルフロ(Le Furo)4,000円がサウナ変わり。天然温泉・露天もいいだけにサウナが無いのが悔やまれる。アクアイグニス吉川美南:アクアイグニス武蔵野温泉は650円で安いが。サウナ無しタオル別。イオンタウンに温浴施設は有。サウナの変わりはルフロ4,000円は攻めすぎでは。施設は最新綺麗。...

緑の住宅街に突然現れる煙突!ここに温浴施設を建設

まずは、新宿から小田急線に乗って約35分で町田駅に到着。
ここから、西口のバスターミナルに向かい、14番乗り場の
「市立室内プール」経由「野津田車庫」行きに乗り込みます。
バスに揺られること25分、少し前の停留所で降りて、街の雰囲気を探ることにしました。

町田温浴施設_住宅街住宅街に現れる大きな煙突

なんと、緑豊かな住宅街に、突然大きな煙突が見えます。
これと、今回レポする温浴施設、いったい何が関係あるのでしょうか?
(後半に続く)

ゴミ施設の代償に市が温浴施設を建設。まちづくりの一環。

実は、温浴施設が建設される、ここ町田市図師(ずし)町。
この多摩丘陵に位置する緑豊かな住宅地に、1982年、ゴミのリサイクル施設が設けられ、稼働してきました。
しかし、近年、施設の老朽化に伴い運営コストがかさみ、新たなゴミ焼却施設を建設することに。そのために住民の理解を得る必要に迫られます。
端的に言うと、郊外の地域とはいえ、地元に見返りが無いと迷惑施設は建設できないので、
これを新たな「まちづくり」と位置づけ、市民と行政が検討する中で、
ゴミ処分場跡地への「スポーツ公園(仮称)」と焼却場の熱エネルギーを利用した
「健康増進温浴施設(仮称)」の建設案が浮上してきました。

町田_温浴施設イメージ温浴施設完成イメージ(町田市ホームページより)

住民協議会などの議論の末、結局、ゴミ焼却場、処分場の地域を一体型整備することになります。
このまちづくり、住民主導か役所主導かは闇の中。
当時の資料では、住民協議会は「傍聴のみ10人まで参加できます」など、ちょっと物々しい雰囲気も感じられる表現も。
温浴施設は来年4月、スポーツ公園は来年度以降に完成する予定です。
(参考:町田市ホームページ・健康増進温浴施設 https://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/sport/sport/pool-onyoku/onyokushisetsu.html )

室内プールの駐車場に建設。相互利用可能に。

町田_プールと温浴施設プールとデッキをつなぐ温浴施設(町田市ホームページより)

この温浴施設は、改修工事を終えた室内プールの増築という形で建設が進んでおり、
プールとのデッキを設けることで、相互利用可能になるようです。

建設用地は、もともと室内プールの第1駐車場だった所で、そこに建設中。
現状の駐車場ロータリーは残す見通しです。

大船戸塚・野天湯元 湯快爽快 たや(田谷) エントランス
【現地レポ】湯快爽快 たや (田谷店)|コロナ時短で25時まで。つい立てサウナ&健康&免疫フェアが熱い!うたた寝と塩サウナが逸品だった!大船戸塚に中間に位置する横浜市栄区の日帰り温泉・スーパー銭湯 野天湯元 湯快爽快 たや店(田谷)。山間の秘境と思うような行きにくい立地。温泉は総じて良い。岩盤天照石うたた寝之湯は床自体が暖かく、これはおすすめ。塩サウナも洞窟の雰囲気抜群。コンセプトの昭和がイケてない!お食事処もカオスで、露天テレビにガッガリ。さっとり入りさっと出るならアリか!災害時の給水協定にも加わる超地元密着型の店舗!...

入札資料より判明したお風呂概要。サウナと炭酸泉あり

町田市の資料に、温浴施設の概要が掲載されています。
(町田市指定管理者募集資料  https://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/siteikanri/bosyujouhou/21.html )

1階はフリースペース、授乳室、機械室
2階は、受付、売店、浴室、脱衣場、ホール、畳敷きと椅子の休憩室、プールとの連絡通路
3階は、キッズルームと多目的室(卓球台あり)

町田_休憩室イメージ畳敷きと椅子の休憩スペース(町田市ホームページより)

木目調の館内は、市の施設というよりは、和風のスパ銭っぽい。
軽食も提供して、椅子に座って食べられるように計画してあります。

お風呂はサウナ、炭酸泉、水風呂、ジェットバス、寝湯

町田_浴場イメージ浴場のイメージ(町田市ホームページより)

運営施設の公募資料によると、2階の浴場には、脱衣場ロッカーを約50個ずつ配置。
お風呂は男女共通で、
白湯、サウナ、水風呂、炭酸泉、ジェットバス×2、寝湯×2
そしてカラン×11、車椅子用カラン1

といったところ、脱衣場に冷水機も設置されるようです。
サウナに欠かせない水風呂が盛り込まれたのは嬉しいところ。
ただし、そんなに沢山のお風呂が設置されるわけではないようです。

「向ヶ丘遊園」跡地を再開発
向ヶ丘遊園跡地が温泉とショッピングモールで2023年オープン!伝統的な温泉旅館を連想させる日本家屋様式の外観!お風呂に水着サウナも!小田急電鉄が箱根に続く観光スポットをプロデュース!温浴施設エリアの主な施設の平面図、立面図、断面図も入手!!伝統的な温泉旅館を連想させる日本家屋様式の特徴のようだ!!計画概要は商業・自然・温浴の三本の矢! ...

お風呂の反対側にドーン!とゴミ施設。工期は11月末まで

さて、だいたい概要がわかったところで、冒頭のレポに話を戻します。
貧乏ライターくろたまは、小田急線で町田へ。
町田駅西側バス乗り場から、1時間1本程度の市立室内プール経由の「野津田車庫行」で
約25分ほど揺られて、緑の多い森に包まれた住宅地の図師(ずし)町にある
「市立室内プール」バス停付近の住宅街に到着しました。

まず、目に飛び込んできたのが、ドーン!とそびえる新しいゴミの焼却施設!

町田_ゴミ焼却施設ゴミ焼却場がそびえる

 

これは…緑に包まれた住宅街で何か物々しく違和感を放っている…。

ゴミの処理施設は年々進化して環境への配慮など良くなっているが、やはり大きな施設!
存在感はある。せめて、埋め立て跡地に公園と、隣にスパ銭くらい作ってよ!
と言いたくなるのもよく分かるなあ…。

バス停は、温浴施設の目の前にあり、本数さえあれば、アクセスが良いのになあ…

町田_バス停の時刻かなり本数の少ないバス停

そして、建設中の温浴施設はというと、コンクリートの基礎工事は終わっている様子で、
内装に木材を使って仕上げる工事が行われていました。
2階部分の連絡通路は、一見完成したかに見えますが、まだ工事中です。
2階にお風呂と休憩室が収まることを考えると、少し小さめのスパ銭サイズか。

町田_建設中の温浴施設室内プール(左)の増設工事扱いとなっている

プールと直結する工事ということは、プールで泳いでからお風呂に入ることもできるはず。
両施設を使える料金設定もありかな…

町田_建築計画看板工期は2021年11月末までとなっている

建築計画の看板を見ると、地上4階建てとありますが、これはプールとの間に傾斜があるためで、事実上は3階建てです。

工期(完了予定)は2021年11月30日とあり、来年4月のオープンまで、かなり余裕を持たせてある様子。
運営会社との契約が、2022年4月1日からなので、オープンはほぼ確定。
4ヶ月間幅を持たせてあるようです。これも役所の都合なのかな…

公設民営方式を採用。その他公衆浴場扱いで料金は大人700円で議会で調整中

町田の施設はサウナなどが使える「その他の公衆浴場」になるため、
大人700円、子供・障害者350円
の原案が議会に提出されており、6月末に承認される見通しです。
(周辺住民への割引もあるかも)

市営のため、リンスインシャンプーやボディソープ以外のアメニティは
期待できないでしょう。タオルも別料金になりそうです。

競合は…?
町田市近隣の…

  • ゴミ焼却場隣接型の公営浴場には、八王子市の「戸吹ゆったり館」(大人700円)
  • 相模原市麻溝台の「市民健康文化センター」(大人260円)

設定にかなり差があるようです。

また、地理的に民間運営の「森乃彩」(もりのいろどり)が近く、料金も
平780円休930円と比較的安めになっています。

町田市の温浴施設、来年4月オープンへ利用料など明らかに~相模原経済新聞~

公衆浴場法上の施設の位置づけは、地域住民が日常生活で利用する「一般公衆浴場(いわゆる銭湯)」とは異なる、「その他の公衆浴場」に該当。浴室の利用料金は、大人=700円、子ども・障がい者=350円。市内の公衆浴場、近隣の公共温浴施設、民間の温浴施設を参考に設定した。

建物は11月に竣工予定で、オープンまでの期間、内装・設備や運営管理の準備などを行うという。(引用)https://machida.keizai.biz/headline/3309/

市の施設でその他公衆浴場なので民間委託で施設維持になる

こうした行政の施設も民間委託で運営するのが最近では主流になってきています。
ここも例外ではなさそうです。2021年5月現在、温浴施設を運営する会社は公募中。
従来の室内プールを運営してきた株式会社協栄に委託するのでしょうか?

株式会社協栄イメージプール運営などを手掛ける協栄(同社サイトより)

それとも多摩エリアのスポーツ施設の運営を幅広く手掛ける東京ドームスポーツになるのか、あるいはそれ以外になるのか、まだわかりません。

東京ドームスポーツイメージ運営大手の東京ドームスポーツ(同社サイトより)

いずれにせよ、町田市民は勿論、市外の住民も利用可能という方針は決まっており、
利用料金の設定具合が気になります。

まとめ アクセス改善モノレールに期待。地域のバラ色の将来像を描けるか

ここまで、温浴施設の現段階までの情報を見てきました。

多目的室やキッズルームもあるように、地域の多世代の交流拠点として、
健康増進と癒やしの場を目指す施設になっています。
このため、あまり採算は考えず、住民福祉の一環として運営することも考えられます。
こうした行政の「ハコもの」。建設費2割、維持費8割とも言われるように、
作ってからの経費のほうが、実はコストが大きいのです。

また、市外から来客があるか考えると、マイカー以外の交通アクセスが悪く、
本数は少ないものの、バス利用の市民をターゲットにしている感もあります。

そこで、登場するのが、「多摩都市モノレールの町田延伸構想」です。
現在、立川以南は多摩センターまでとなっているモノレールを、温浴施設のある図師町付近を通って、JR・小田急線の町田駅まで延伸する構想で、近い将来整備すべき路線に位置づけられています。

多摩都市モノレール延伸図多摩都市モノレールの延伸計画(町田市ホームページより)

モノレールが開通すれば、温浴施設に近い「小山田桜台」から、町田駅までの所要時間が
28分→14分に短縮されるため、地元の期待もあるようです。

ゴミ処分場建設を経て、スポーツ公園や温浴施設の開業で賑わいが訪れるかどうか、
地域のバラ色の将来像の第一歩が、この市営スパに託されています。

アクセス

町田バスセンター14番のりば「市立室内プール」経由の「野津田車庫」行きに乗車
約25分の「市立室内プール」下車すぐ(本数が少ないので注意)

お風呂レポーター募集
温泉リポーター・ライター募集|温泉の楽しみをもっと共有したい。いろいろな温泉についてもっと語りたい。そんな志をもって温泉をレポートしてくれるライター様を募集しております。未経験歓迎。経験者優遇。 温泉の楽しみをもっと共有したい。いろいろな温泉についてもっと語りたい。そんな志をもって温泉をリポートしてくれるライター様を募集し...

 

店舗情報・アクセス・料金・営業日・営業時間

店舗名
町田市健康増進温浴施設(仮称)
レビュー評価
アクセス
〒194-0203
東京都町田市図師町字1号199ー1外


ホームページ
電話番号
営業時間
定休日
平日大人料金
休日大人料金
料金メモ
【お店から】
訪問履歴

町田_温浴施設建設中外観1回目 2021/05/24
【現地下見速報】町田市に2022年4月温浴施設オープン!その他公衆浴場で700円で調整中!ゴミ焼却場の熱利用の沸かし湯!健康増進温浴施設で天然温泉と露天風呂は無し!サウナ・水風呂・ジェットバス・炭酸泉利用可!

近隣店舗
この店舗から5Km圏内 (地図で見る)
極楽湯多摩センター (4.4km)
おふろの王様 町田店 (4.6km)

新店情報の他のお風呂一覧

この記事がお気に召しましたら
いいね ! お願いします。

私がレポートしてます
くろたま
元某新聞社社会部バンキシャ。ホームレスのおじさんから宮内庁まで取材した経歴を持つ。その後、人生の階段を踏み外して、公衆トイレ掃除や公園のソフトクリーム販売などを歴任。現在フリーライターで細々と生活している。基本的に貧乏なので、オトクなキップでプチ湯治旅に出るのが唯一の楽しみ。好きな食べ物は、箱根・大涌谷の黒玉子。持病があるので、これを食べて7年生きることを目標にしている。これからもプチ湯治旅をレビューしますので、よろしくお願いします。 (写真、箱根の黒玉子)

くろたまの記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

近隣
店舗
店舗
情報
クーポンラン
キング
湯めぐり
マップ
新着
情報