コラム 【銭湯生き残りNEWS】無人ホ...

【銭湯生き残りNEWS】無人ホテルで生き残り&遺産を残す!札幌市内の銭湯!イノベーションの姿!

アイキャッチ東京湯めぐり倶楽部

全国初・銭湯施設が無人ホテルにリニューアルオープン!
時代の変化とともに、スーパー銭湯やカプセルホテル併設サウナ。
多様化と進化を遂げてきた温泉銭湯施設。
全国で初めてとなる、無人ホテルへのイノベーションを敢行した!

Photoリポート 昭和の銭湯、ホテル変身 /北海道

2020年で札幌市内にある銭湯は37軒。
銭湯の歴史とカルチャーを築き、今でも現役で支え続けているのが、『山鼻温泉 屯田湯』オーナーである二木家・枡﨑家の方々。
市内の銭湯の多くは家族で経営している。
第一店舗目の創業は1961年(昭和36)、当時石狩で農業を営んでいた二木家の方々が、札幌市西区にある『琴似(ことに)温泉』の経営を当時の事業主より継承したことから始まり、現在に至っているそうだ。

https://mainichi.jp/articles/20210112/ddl/k01/040/021000cPhotoリポート 昭和の銭湯、ホテル変身 /北海道(毎日新聞)

住宅街に「ゆ」ののれん。銭湯だった頃の面影を存分に残して昨年オープンした無人ホテルが札幌市中央区にある。
「山鼻温泉 屯田湯旅館」の歴史は、1964年に開業した銭湯に始まる。90年には温泉を掘り当て、温泉を楽しめる公衆浴場として半世紀以上、地域住民らに親しまれてきた。だが、設備の老朽化や後継ぎ問題からオーナーの枡﨑健治さん(68)が銭湯を生かせる道を模索する中で、無人ホテルの道を2年前に選んだ。
銭湯から無人ホテルへ。改築を手がけた不動産事業などを展開する「マッシブサッポロ」は、枡﨑さんの建物に対する思い入れを聞き、銭湯の設備を生かした宿泊施設として昨年7月末にオープンさせた。(引用)

人口減少に伴う人手不足、感染症対策を目的とした様々な作業のIoT化・無人化はすでに加速している。
建物内にスタッフはいない。
お客様にはタブレットを使用してチェックインを行う。
通常のホテルとは異なり、フロントスタッフとの対面と接触の不安がなく、コロナの情勢ともフィットしている。

この記事がお気に召しましたら
いいね ! お願いします。

私がレポートしてます
TA2
TA2
たつです。 オタク活動とランニングとサウナ好き。サウナスパ健康アドバイザー資格取得。年2回のコミケ参戦とお風呂が生きがいのフィンランドに住みたいオタク独身アラフォー。週3のサウナとビールを飲めばなんでも治るをモットーに、サウナを交えたお風呂での整い方程式を提案。温浴施設の良し悪しを縦横斜め細やかにレポします。https://twitter.com/LoylyRitualTA2

TA2の記事一覧
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

近隣
店舗
店舗
情報
クーポン