東京染井温泉 Sakura|コンパクトでモダンな和風温泉

東京染井温泉 Sakura|コンパクトでモダンな和風温泉 2005年にできたというから、比較的、新しい温泉といえるだろう。全体のトーンは和風な造り、お風呂の中にも枯山水をしかけているほどだ。岩盤浴やリラクゼーションルーム、マッサージなど設備も揃っていて、それ [...]
kenZ

2005年にできたというから、比較的、新しい温泉といえるだろう。全体のトーンは和風な造り、お風呂の中にも枯山水をしかけているほどだ。岩盤浴やリラクゼーションルーム、マッサージなど設備も揃っていて、それも綺麗だけど、全体的にコンパクトな作り。コンパクトというよりは、狭い、小さいって印象を受ける人もいるかもしれないけど、これはこれで落ち着きがあるかな、と。平日の昼間だったので、客層は年配の方ばかり。おばあちゃんの原宿、巣鴨のお地蔵様の近くだから、それも当然?! 家族で楽しむというよりはひとりでゆっくりくつろぐ場所って感じかなぁ。従業員の接客態度は素晴らしい!

 

派手なピンクの送迎車でGo!

 

ここのところ、若者からも注目されている巣鴨。巣鴨商店街のレトロな感じは逆に新鮮で何だか魅力を感じてしまいます。そんな巣鴨に比較的最近にできた東京染井温泉Sakuraは駅から5分〜10分くらい。徒歩でもまったくOKな距離だけど、送迎バスが頻繁に動いてるので、ちゃっかり利用するのがおススメ。

バスはピンク色のマイクロバスで染井温泉とスイミングセンターの広告が大きく載っています。染井吉野発祥の地で名前にもsakuraとつけるだけあって、すごく目立つバス! でも、どちらかというとスイミングスクールの文字の方が大きいかも。

 

スイミングセンターが休館の日にはバスの本数が減るらしいので、しっかり確認をしてから行った方がスムーズですね。多い時間だと10分に1本あるからすごく便利です。利用者は温泉とスイミングスクールの利用者が半分ずつくらいかな?

入り口(SAKURA HPより)

到着する場所はスイミングスクールの前で、温泉まで100mくらい歩きます。移動時間は体感で5分から10分かからないくらい。歩いても同じくらいの時間で行けるみたいだから、次は歩いて行ってみようかなと思った。巣鴨の街も探索してみたいし。

 

料亭のような園庭

 

バス停から看板を頼りに少し歩くと入り口の門へ。綺麗な緑に赤のベンチが映えてすごく綺麗! ベンチに座って大好きな和菓子を食べたら美味しいだろうなぁ。

和をテーマにした温泉はいくつか行きましたが、その中でもここの入り口の園庭はとても綺麗でした。また、園庭の奥には食事処の様子も見えます。外から中の雰囲気がわかる温泉って意外と少ないから、入りやすい。店内も衣桁に真っ赤な和服が飾られていたり、枯山水や花が綺麗に生けてあったりして、なんだかとっても「和」にこだわっている感じですね。

 

雰囲気とは違い支払いは最新式

 

「和」な雰囲気とは対照的に支払いは最新式です。靴箱のコインロッカーは自己保管なので、これを持って受付へ行くと、リストバンドを渡される。施設内ではすべてリストバンドを利用して後払い。クレジットカードにも対応しているのは、温泉施設では珍しいかも。

もちろん自動販売機もリストバンドで! リストバンドには鍵はついていなくて凸?のようなものが……。リストバンドの番号とロッカーの番号は関係ないらしいので好きな場所を使っていいとのこと。ロッカーにリストバンドをスライドさせるとカチッという音ともに緑のランプが点滅して開錠。そのまま左に回すと、今度は鍵を閉められる。

リストバンドとロッカーの番号が違うってのは、うっかり忘れてしまいそう。でも、もし忘れてしまっても施設のコンピューター?で管理されているから、どのリストバンドがどのロッカーを利用したか店員に確認できます。あ、私は忘れませんでしたよ。隣で会計していた客が「閉めたままになっていますが、お忘れものはございませんか。」と聞かれていたので、店側が管理できているのを知ることができました。ある意味、なんでも管理される時代です(笑)

 

レモンティー色の塩っぱい天然温泉

 

更衣室の広さは、20人も入ったら少し着替えづらいかなってくらい。ロッカーは選べるけど、全部、同じ正方形です。真ん中の棚は1メートル弱くらいの高さで、全体が見渡せる造りになっている。自販機はコーヒー牛乳(130円)やペットボトル、アメニティのものが3種類。パウダールームはシェービング化粧水とヘアトニック、綿棒、櫛、ドライヤーなど一式揃っています。できたら顔用の化粧水やクリームがあったら嬉しいかな。

大和桜の湯(SAKURA HPより)

ぬるめでゆったり内風呂

 

内風呂は、檜の大浴場とジェットバス、洗い場、サウナと水風呂があります。洗い場は半個室のように仕切られていて清潔的。シャンプー類もしっかり揃っていて、消毒されたアカスリも自由に使えます。

桜王の湯(SAKURA HPより)

ジェットバスは少し強め。寝ながら浸かれる湯船は他になく、体をほぐすのが目的って感じ。あんまりリラックスできませんでした。サウナはスタジアムサウナと名付けられているだけあって、結構広め。水風呂も冷たすぎずちょうど良い温度でした。

 

ここにもインバウンドっていうんですか?

 

大浴場はもちろん天然温泉! ここの泉質は塩化物強塩泉で、目に入ると少し痛いくらい。口に入るともちろん塩っぱい。色はすごく黄色くてレモンティーみたい。パンフレットには琥珀色と書いてありました。内湯の大浴場は38℃くらいで結構ぬるめ。ゆっくり長く浸かれます。深さも浅めで檜風呂だから、長湯は苦手な僕でも、30分くらい入れました。

山桜桃の湯(SAKURA HPより)

ゆっくり浸かってると隣に外国の方が。ひとりで来ているみたい。喋りたい雰囲気を感じたので、勇気を出して、「Do you speak Japanese ?」。去年まで日本で4年間仕事をしていたみたいで、流暢とまではいかないけど難なく日本語が喋れました。「No!」だったら、どーするつもりだったんだ、自分? ドイツ出身でアメリカに住んでいるみたい。

 

こういう場での出会いは、原則として名前とか年齢は聞きません。意味はないけど、こういう一期一会の出会いはミステリアスなくらいが楽しいですよ。

 

鳥籠にとらわれた気分の外湯

 

外湯も和風で岩風呂竹の壁が良い雰囲気。ただ、空が障子の張っていない襖のような鉄格子で覆われています。せっかくの露天風呂も、空が鉄格子越しじゃ塀の中みたいじゃないか! 残念。街の中で1階だから、侵入防止のためかな?

桜雲の湯(SAKURA HPより)

外湯は40〜41℃くらいで中よりやや熱め。岩風呂で、内風呂の檜とはまた違うよさがある。もう一つはシルキーバス。小さい泡が沢山で、牛乳みたいに真っ白。こちらの湯も表示は41℃くらいだったけど、あまり熱くは感じませんでした。泡が体を包んでいるからかなぁ。

夜桜の湯(SAKURA HPより)

外湯からは岩盤浴にも行けます。先に受付で申し込みが必要みたいだけど、今日は利用している人は見かけませんでした。

 

とくにづくしの談話室

 

二階に上がると、各種エステとリラクゼーションルーム、談話室があります。談話室には、とくに思い入れのようなものを感じました。清潔的な畳の部屋は真ん中の柱を軸に4つにすだれで仕切られています。各スペースの真ん中には小さい囲炉裏が。実際に使うことはないと思うけど、囲炉裏があるのはオシャレですね。インスタ映えだけど、館内写真撮影は禁止みたいなので写真は控えました。座れるスペースもいろいろな家具があって、明治時代をイメージするようなアンティークな雰囲気。

談話室(SAKURA HPより)

リラクゼーションルームは8台くらい。漫画や雑誌の数も少ないし、部屋は明るいし、ここだけは残念でした。奥には女性専用ゾーンがあります。談話室、リラクゼーションルームは軽食やドリンクがオーダーできるみたい。便利だけどリラクゼーションルームで飲食はちょっと……。

リラクゼーションルーム(SAKURA HPより)

カレイの塩焼きフレッシュ野菜ソース

 

一言で言えば、接客は☆5なのに、料理は残念。せいぜい☆2ぐらいかな。

 

食事処は広めで、掘りごたつとテーブルが選べます。全体的に料理の値段は高いけど、ランチだけは1000円前後でドリンク付きと、まあ、リーズナブルと言っていいかもしれない。種類は和、洋、中と幅広いラインナップ。利用している人はけっこう多くて、温泉に入った後は半分くらいの人が、食事もここを利用しているような。

掘りごたつに案内してもらったら、手をついて挨拶されました。温泉の食事処でここまでされると思わなくてびっくり。料理は、健康によさそうなカレイの塩焼きフレッシュ野菜ソース1,080円ををチョイス。ドリンク付きで、普通にある飲み物のほかに、ノンアルコールカクテルも選べて、ドリンクの種類はすごく充実しています。

料理は、全体的に少し冷めてパサついていました。ラディッシュなんか少し乾いていたし。そんな混んではいなかったけど、持ってくるのが遅かったのかな? 日替わりランチも、見た目は美味しそうだったけど。また今度、機会があれば……といいつつ、今度は温泉に来ても食事処は利用しないで巣鴨探索に行ってしまいそうな気がする。

 

全体的にこじんまりした印象ではあるけど、だだ広いところに大勢が人いるというところより落ち着いた雰囲気かなと思う。狭いのはどうしても嫌だという人でなければ、接客は丁寧だし、施設は清潔。かなり水準は高いと思う。思わぬ出会いもあるかもしれないよ。


東京染井温泉SAKURA 3
店舗名
東京染井温泉SAKURA
評価
(3)
住所
〒170-0003
東京都豊島区駒込5-4-24
ホームページ
http://www.sakura-2005.com/
電話番号
03-5907-5566
営業時間
10:00~23:00
定休日
年中無休
【お店から】
ソメイヨシノの発祥の地に湧出した琥珀色に輝く天然温泉
地下1800mから湧出した温泉は、東京ではめずらしく無色透明。
約1000万年前の地層から、天然のミネラルをたっぷり含んで浴槽に注がれると琥珀色に輝きます。
保温効果・保湿効果に優れ、お肌がつるつる・すべすべになると評判です。
訪問履歴
1回目 2015/05/17
巣鴨・染井温泉SAKURA(サクラ)|せまい!お風呂が小さすぎ!立地はいいのに残念!

2回目 2018/07/24
東京染井温泉 Sakura|コンパクトでモダンな和風温泉
口コミ評価のお願い
ご訪問されたことのある方、評価つけていただけたらうれしいです。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 votes, average: 2.67 out of 5)
Loading...

     にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ

この記事にコメントする

東京染井温泉 Sakura|コンパクトでモダンな和風温泉